ひゃうぃご♪
週間漫画雑誌の感想やらスロットの収支やらアイマスの活動日誌やら同人活動やら絵描きやら…。    ぶっちゃけ節操のない趣味に走りまくりのブログですw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年以上放置(ヲ

長らく放置してすみません。そろりそろりと復活していきます。

それはそうと…

夏コミで配布した「孤独のプロデューサー 俺の嫁編」に乱丁本がある事が発覚しました。

もし乱丁本を入手してしまった方がいらっしゃいましたら、拍手かメールでお問い合わせを。
もしくは今後イベント参加した際にスペースに持ってきて頂ければ、正規のものとお取り換え致します。

ブログの方は新しい企画を始める予定です。今しばらくお待ちを…。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/08/29(土) 03:14:09|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第六世代iPOD発売キタ━(゚∀゚)━!

待ちに待った第六世代iPODの発表&発売が日本時間の今日ありました。

長らく様子見だった私もビデオ再生可能となったnanoが首から下げるのにちょうどいいサイズで登場した事で即座に購入決定!商品到着は18日とハヤテオンリーにも間に合わないけど24日にはみんなに自慢できそうだ(`・ω・´)

大容量のclassicやTouchじゃないのか?と言われそうですが今現在大容量にはそれほど魅力を感じません。いくら動画が容量喰うとはいえ8Gはそうそう埋まりませんし、今使ってるゲームボーイミクロ+αの2Gは埋まってますけど少ないなーとは思いませんので。お気に入りのアニメやお笑い番組動画入れれば埋まるかな?ってぐらいです。

Touchの方も大抵の事は携帯電話で事足りてしまうので無理に高い方買う必要もないかなぁ…と思う次第。通信範囲もWi-Fi設置店限定だし。携帯電話は必ず持ち歩くからこれと機能被ってると損でしょう。本当はiPHONEが日本で発売されていればこれ一つで済んだのに…。
こっちでは「Touchはいいけど16Gは少ないなぁ…」という人が多いみたい。やっぱり数十Gパンパンに入れてるヘビーユーザーが多いんだなぁ…。

テーマ:iPod - ジャンル:コンピュータ

  1. 2007/09/06(木) 20:24:54|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

戦国武将占いなるものをやってみる

↓これね
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kazu1110/busyou.htm

で、↓が結果




あなたの能力診断結果。高得点なものが中心的能力です。

●武力:60点 [普通]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。
●知力:65点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。
●魅力:75点 [よくできました]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。
●政治力:80点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。
●才能:80点 [よくできました]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。

あなたは北条氏康に似ています。北条氏康の戦略手法は、三国志の時代、呉の柱石と称された名将陸遜の戦略と酷似している。最初はへりくだって敵を油断させ、もしくは長陣に疲れさせて、突如急襲。滅してしまうのを手段とした。武略のみならず、民治に非凡な才能を発揮した点でも共通している。あるいは、中庸を好んだ人格者が、兵略に通暁した場合の一典型なのかもしれない。そうした氏康の資質は、家督後まもない一五四六年四月の河越夜戦で早くも開花した。一五四一年、北条氏網が死んで若い氏康が当主となると、反北条勢力は好機来るとばかりに大軍を催し、北条方の河越城を包囲した。配下の将が早期救援を叫ぶ中、氏康は「いっさん戦ってもかない難し。謀あるべし」と、和睦交渉に没頭。敵方の諸将も氏康がいつまでたっても歯向かってこず、和解ばかりせがむので「氏康恐るに足りず」の感を強くする。これぞ氏康の望むところであった風魔乱破の報告で、機は熟せりと見て取った氏康は、手勢を率いて河越に急行。電光石火の夜襲をしかけて、十倍の敵を滅した。待つべきは待ち、守るべきは守り、機に臨んで応変す。氏康戦法の真骨頂である。




そういや信長の野望でも鉄砲隊や鉄甲船で遠距離射撃しまくって味方の被害を最小限に食い止めて勝つ戦法を身の上にしてたなぁ…。

テーマ:占い - ジャンル:趣味・実用

  1. 2007/04/20(金) 00:11:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。